社長の経営パートナーとして、
社長の本当にやりたいことを実現するために貢献する

佐藤惠介 × 狩野惠輔 インタビュー

About us

社長の経営パートナーとして、社長の本当にやりたいことを実現するために貢献する

私のミッションです。
ミッションとは、なぜ、この会社、この事業をしているのか、使命感をもってやること、クライアント様との約束です。漠然と会社のお金に不安があるから、本業に専念できない、とりあえずうまくいっているけど、本当にやりたいことが何なのか自社の方向性を明確にしたい、本業を発展させたいけど、何から手を付けたらいいのか分からない、そんな思いで本業に専念できないでいる社長の経営パートナーとして、社長の頭で考えていることをカタチにしながら、着眼点や視点をお伝えし、社長の本当にやりたいことを実現する、そんなお手伝いをさせていただきます。

Service

経営数字の見える化で、
社長の「意思決定」と「PDCAの実践」をサポートします

経営数字の見える化とPDCA実践サポート

売上から利益、キャッシュフローまでの会社のお金の流れを、非常に分かりやすく見える化します。 そうすることで、自社の状況を数字の面から把握することができます。 そして、ビジョン実現から逆算した年間・月間の利益目標、粗利目標、売上目標を立てます。 毎月、試算表の実績値と目標数値とのギャップから、その事実・原因・対策を立てていきます。 扱うツールは非常にシンプルです。小難しい財務分析ではありません。
→月1回の経営数字のPDCA実践により、会社のお金の不安が解消され、 それ以外の日は、安心して本業に専念することができます。

ミッション、ビジョン、バリューの言語化サポート

ミッション(なぜこの会社、この事業をしているのか、使命感をもってやること、お客様との約束) ビジョン(1年後、3年後、10年後の会社・事業のあるべき姿) バリュー(ビジョン実現に向けて、社員一人一人が持つべき価値観・行動指針) を明確にして、会社の方向性を決めます。
→会社・事業を続けるための確固たる原動力=ワクワク感が生まれます。 社員が同じゴールに向かうための軸ができます。

自社の価値を最大化し、業績をあげるマーケティング戦略サポート

マーケティングとは、顧客が真に求めている目的や実現したいことを分析し、
その目的の達成のための方法や手段=自社の商品やサービスを顧客に届ける一連のプロセスのことを言います。
競合他社との激しい競争の中、顧客の心をつかみ続けるためには、
・顧客が真に何を求めているか?
・自社の商品やサービスの価値は何か?
・それをどうやって届けるか?
を明確にします。

Strengths

シンプルで分かりやすい

分析資料が何枚もありどれを見たらいいのか分からない、そんな小難しい分析はやりません。使うツールは主に「お金のブロックパズル」と「キャッシュフロー計画表」の2つのみ。それでいて、経営判断に必要なことが分かります。

パートナー型コンサルティングである

これしてください!こうすべきです!
と先生型コンサルのように指示はしません。
社長に代わって意思決定もしません。
こういう視点がありますがどうですか?他にもこういう着眼点はありませんか?
と問いかけ一緒に答えを出していく姿勢で、意思決定のサポートをします。

サービスが選ばれる理由は?

システム開発業 M社

今まで一人で考えてきたが、それが100点ではなかった。
コンサルに入ってもらってからは、思考の範囲が広がってきた。
また、これまでは具体化・具現化してくれる人がいなかった、またはそれができなかった。
それが頭の中のものが見える化でき、アイデアがまとまってきた。
キャッシュフロー計画表は、日々取り組んでいることの善し悪しの検証にはなり、数字で裏付けしてくれる。
また、一人では経営判断に必要な数字をまとめきれない、見なければいけない資料がいくつかあって、
当月だけしか見ることができなかった。
しかし、キャッシュフロー計画表は一目見たら、数か月先を見ることができる。
定量的にどう花が咲いているかが分かるので、非常にありがたい。

結果

売上は約6200万円→約6400万円と大きく変わらないが、利益が約45万→約660万と約15倍に大幅改善!

電気工事業 E社

「キャッシュフロー計画表」を運用することで、思ってもみたいところで経費が跳ね上がっていることを確認できた。
いかに毎月普段精査できていないかが分かった。
昨年との比較もでき、実績として、できたこと=成果、できていないことも明確になった。
それをもとに、課題が明確になり、次の戦略が立てやすくなった。毎回、やれそう!という気になります。

結果

昨年よりも売上は2100万→1980万と94.5%と下がったが、逆に利益が98万→280万と3倍近くに改善!

Company

社名

合同会社スタイルマネジメント

代表者名

佐藤恵介

資本金

6,100,000円

住所

兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和1553-1-101

事業内容

企業経営に関するコンサルティング

経営数字を用いたPDCA実践サポート
ミッション、ビジョンの言語化サポート
マーケティング戦略実践サポート
管理者育成研修
行動特性を用いたコミュニケーション能力向上研修

メール

sato@stylemanagement.jp

所属団体

一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会

Member

Keisuke Sato

アパレルメーカーにて仕入・生産管理担当を経験後、転職先では、携帯電話・インターネット商材のテレアポや訪問販売等を経験する。その後、「もっとお客様の役に立ちたい!」という思いで、コンサルタントになるべく転職。調剤薬局・ドラッグストア向けに、経営理念策定支援、中期経営計画策定支援、人事評価制度策定支援、マネジメント能力向上研修などを、100社以上のクライアントに実施中。でも、店舗管理者による売上改善プロジェクトにおいて、毎月のPDCAサポートや成功事例の即時共有などのご支援で、該当クライアント全社にて単月約520万の粗利改善を達成する。
その後、多くの経営者の悩みを聞く中で、本当に今困っている悩みの力になりたいと思い、それが実現できるキャッシュフローコーチのノウハウを学ぶ。現在は、ドンブリ経営を脱却するための、お金の見える化と経営数字PDCA実践サポートによるキャッシュフロー経営実現サポートをメインに、マーケティング施策サポートもしている。

Style Management,LLC

所在地;兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和1553-1-101
メール:sato@stylemanagement.jp

Copyright © 2019 Style Management,LLC Inc. All rights reserved.